バストが大きくならない原因とは??

早速、最初の記事を投稿していきたいと思います。

バストに悩みを抱えている人であれば一度は「その原因は何か?」と考えたことがあるでしょう。そこで、今日はバストが大きくならない4つの原因について紹介しようと思います。

1.最初の原因は冷え性です。冷え性はいろいろな弊害がありますが、バストアップにも良くない影響を与えます。血行の良くなる食材を使って食事を作ったり、部屋の温度が下がり過ぎないようしたりするなどの対策が必要となります。女性は特に冷え性になりやすいので、血流が悪化したりリンパ液の流れが悪化したりすると新陳代謝も悪くなり、女性ホルモンがバストに届けられにくい状態になってしまいます。

2.二つ目の原因として、カフェインの摂り過ぎが挙げられます。カフェインは眠気防止のためによく用いられますが、豊胸を頑張っている人は注意が必要です。というのも、カフェインは脂肪を分解するリパーゼという酵素の働きを助けてしまうため、バストの脂肪も積極的に分解してしまいます。紅茶やコーヒー、ハーブティーが好きな人は飲む量を減らしたりカフェインの少ない飲み物に変えたりすると良いでしょう。

3.三つ目はストレスが考えられます。大きな悩みを抱えたりすると生理が遅れたり、来なくなったりしてしまうことがありますよね。これはストレスが原因で女性ホルモンの分泌異常が起こっているからです。この分泌異常によって、女性ホルモンが正常に分泌されないとバストアップに影響します。

4.最後はブラについてです。ブラジャーというのはサイズがぴったり合ったものを選ぶことが重要となります。小さいものだと体が無理に締め付けられ猫背になりやすくなり、胸や背中の筋肉が発達しにくくなります。バストアップには、背筋や大胸筋が重要な要素となりますので、小さいブラは避けるようにしましょう。また大きなブラもバストアップを目指すには不向きです。大きなブラだとブラジャー本来の機能が果たせず、脂肪が横流れしたりお腹の方に垂れてしまったりします。脂肪をしっかりとブラジャー内に留め、その位置で脂肪を定着させるようにしましょう。

このような原因によってバストアップが妨害されてしまうのですね。せっかく育乳に励んでいるのにこれらの原因で効果が最大限に発揮されないことがありますので、これらの原因に気を付けて効率的にバストアップを目指しましょう!

これについては、私の友人が運営しているバストアップサプリ情報局のサイトもとても詳しいので、是非見てみてください。

Filed under: バストアップ — 21:35:00